お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
_icon-message

STAFF-BLOG

スタッフブログ

MeRISE英会話事務局

【接客業の方必見】飲食店で使える英語のフレーズ

レストランやカフェ、居酒屋など飲食店で接客していて、海外からの観光客が来て言葉が通じず困ったことはありませんか?

最近は、海外からの観光客が増えていて、地方都市の居酒屋や街の小さなカフェにも、観光客が来店するということも決して少なくはありません。東京オリンピックが近づくに連れて海外からの観光客と話す機会もどんどん増えそうですね!

そこで今回は飲食店で使えるフレーズを紹介します!!

案内編

1 「いらっしゃいませ」

Hello. How are you?
解説:外国には「いらっしゃいませ」に該当する言葉はありません。一般的に日本の「いらっしゃいませ」に該当するタイミングで通常の挨拶のようなやりとりが行われます。

2 「何名さまですか?」

How many (people)?
解説:人数が何人かを尋ねます。人数を聞くのは当たり前なのでpeopleを省略することが多いです。

3 「お席ご案内いたします」

This way please.
解説:席にご案内する際に使うフレーズです。このように伝えれば後ろからついて来てくれます。

4 「只今満席です」

I’m afraid we are full.
解説:しばらく席が空きそうにない場合このように伝えます。

留意事項編

 

1 「当店への飲食物の持ち込みはご遠慮ください」

I’m sorry, we don’t allow food and drinks from outside into our establishment.
解説:お客さんに悪い知らせを伝える前には、’I’m sorry’ と言うと、柔らかい言い方になります。

2 「当店でははじめにお通しという小さな前菜をカバーチャージとして1人あたり○○円で提供しています」

We have a cover charge of ○○yen per person, which includes a small appetizer.
解説:お通しは英語でappetizerと言います。cover chargeで席料、サービス料を表します。

注文編

1 「まず最初にお飲物お伺いいたします」

Would you like to order a drink first?
解説:最初に飲み物を聞くときに使うフレーズです。

2 「ご注文お伺いいたします」

May I take your order?
解説:ご注文を聞くときに一言添えると良い言葉です。この「May I?」という言葉はとても使えるフレーズです。そのあとが思いつかなくても、メニューを指しながら言えばご注文をお伺いしましすというニュアンスになり、お水を指しながらいえば、お水のお代わり入りますか?というニュアンスになるのでいざという時の奥の手で覚えておくと便利です。

3 「かしこまりました」

Certainly.

お会計編

1 「お会計は別々になさいますか?」

Would you like to pay all together or separately?
解説:「別々」は英語でseparatelyで表します。

2 「お支払いはどのようになさいますか?」

How would you like to pay?
解説:Wouldは丁寧な表現として使われます。

3 「ご来店ありがとうございました」

Thank you. Have a good day/ night.
解説:時間帯によってdayやnightを使い分けるとなお良いです!

まとめ

いかがでしたか?英文をよく見ると簡単なものが多いですね!
これらのフレーズを覚えて、外国のお客様がきた時も対応できるようにしておきましょう!!

閉じる

ミライズ株式会社
呉宗樹
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目15-3 土屋ビル8F
03-4405-9391
info@meriseinc.com
https://merise.asia
インターネット(PC・スマートフォン)注文、来店注文
銀行振込(楽天銀行)、クレジットカード決済、Paypal決済
クレジットカード決済確認後即時、銀行振込着金確認後2営業日以内
入学金30,000円(税抜)、テキスト代5000円
当方からの確認メール送信後3営業日以内となります。
受講開始日から8日以内(土日祝を含む)に契約を取り消しを書面にて受け付けております。

無料見積

無料見積