お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
_icon-message

STAFF-BLOG

スタッフブログ

MeRISE英会話事務局

フィリピン・セブ島旅行に必要な持ち物を紹介!

こんにちは!ミライズ英会話 新宿スタッフのkatsuyaです。

フィリピン・セブ島旅行に必要な持ち物を紹介していきます。
僕は、来週から半年間フィリピン・セブ島に行ってきます。そのため、フィリピン・セブ島旅行に必ず必要な持ち物とあると便利な持ち物を紹介していきます!

フィリピン・セブ島旅行の持ち物

持ち物

フィリピン・セブ島旅行に必要な持ち物を紹介していきます。この記事を参考に持ち物を完璧にして、フィリピン・セブ島旅行を楽しんでください!

必須の持ち物

持ち物 必須

必ず必要な持ち物を紹介していきます。これらの荷物は忘れ物がないか入念に確認するようにしましょう。

 

・パスポート、パスポートのコピー

パスポートの有効期限を確認しておきましょう。フィリピンに入国するためには「出国時点で6ヶ月以上の期限があるパスポート」が必要になります。
紛失した際に備えてコピーも用意しておくと便利です。

 

・航空券

フィリピンに入国する際は、往復またはフィリピンから他国への航空券を持っていることが入国条件となります。片道分しか持っていないと出国できませんので注意しましょう。

帰国日が未定の方は帰国日を変更できる「オープンチケット」で手配するといいです。通常の航空券より割高になりますが、現地で帰国日の変更が可能となります。

 

・海外旅行保険

海外旅行保険の加入は必須ではありませんが、入ることをオススメします。

フィリピン・セブ島に長期間滞在される方は1度は、体調を崩される方が多いので、入った方がいいと思います。また、盗難などのトラブルに対応した海外保険もあるので必要に応じて入るようにしましょう。

 

・現金(日本円・フィリピンペソ)

フィリピン・ペソは、事前に日本の空港で数千円分だけ両替しておくと、現地についた時に安心できます。

現地で両替した方がレートがいいので、滞在費は現地で両替をしましょう。また、空港はレートがよくないので、フィリピン・セブ島内にあるショッピングモールで両替をするのが一番レートがよくオススメです。

 

・国際銀行カードキャッシュカード

長期滞在の方で、多額の現金を持ち歩くのが不安な方は、国際キャッシュカードを用意しましょう。国際キャッシュカードを持っておくと現地のATMで、現地通貨が引き出し可能となります。必要な方は、セブ島旅行へ行く前に申請をするようにしましょう。

申請してから発行されるまでに1週間ほどかかるので、必要な方は早めに準備をしましょう。

 

・常備薬

風邪薬や胃腸薬を持参しましょう。食事や環境が変わったことにより体調が崩れることもあるので、薬の準備をしておきましょう。海外の薬に身体が適応するのか不安な方は、日本の風邪薬を持っていくと安心です。

 

・クレジットカード 

クレジットカードは現地のレストランや大型レストランなどで使うことができます。また、VISAやマスターカードなどのクレジットカードは海外旅行保険が含まれているものもありますので事前に確認しておきましょう。

あると便利な持ち物

持ち物 便利

あると便利な持ち物を紹介していきます。持参することにより、快適なセブ島旅行を送ることができるようになります。

 

・延長コード 

複数電子機器を所有している人や複数人でルームシェアする場合はあると便利です。パソコンを現地で使いたい方は、持って行くことをオススメします。

 

・サプリメント

食事が体に合わなかったり、栄養バランスが偏ってしまうことに備えて、サプリメントを用意するようにしましょう。ビタミン剤やプロテインを持参すると体調管理に役立ちます。

海外の慣れない生活では、体調を壊しやすいです。そのため、食事を中心にしてサプリメントで必要な栄養素を補うようにしましょう。

 

・トイレットペーパー

現地での調達が可能ですが、空港に備え付けがない場合があるので1ロール持参しておくと安心です。いざ、トイレに入るとトイレットペーパーがないということがよくあるので、トイレットペーパーを持ち歩くようにしましょう。

 

・長袖の上着

セブ島はカフェや公共施設が冷房が効きすぎているところがあるので、長袖の上着も持参しておくといいです。簡単に羽織れるものを用意しておくようにしましょう。

 

・日用品

日用品は日本で揃えた方がいいです。慣れないものを使うと肌が荒れたり、体調を崩すことがあるので注意しましょう。シャンプーやコンタクトレンズ液も現地で購入も可能ですが使い慣れたものを使用した方がいいです。

 

・水着 サンダル

セブ島のきれいなビーチで遊びたいという人は、水着を持っていきましょう。
サンダルや水着は、セブ島で安く購入することができます。持ってない人は、現地で購入すると手頃な価格で済みます。

 

・日焼け止め 

セブ島の海の日差しは強く、日本の約7倍の紫外線量があると言われています。いきなり強い日差しを浴びると肌の皮が剥けることもあるので、こまめに日焼け止めを塗りましょう。

 

・アイマスク・耳栓

複数人でのルームシェアの方は用意した方がいいです。生活リズムが異なる場合もあるのでお互いが気を使わないためにも用意しておくと便利です。

まとめ

フィリピン・セブ島旅行に必ず必要な持ち物、あると便利な便利なものを紹介しました。フィリピン・セブ島の物価は安いので荷物は必要最低限にし、現地でも調達可能な消耗品は、現地で揃えることがオススメです。

健康面に関わるものは、日本から持参するようにしましょう。身体を壊してしまうと、せっかくの旅行が台無しになってしまうこともあるので、体調管理には最善を尽くすようにしましょう。


P.S:これまでは、ミライズ英会話 新宿スタッフとして記事を書いてきましたが来週からは、セブ島からセブ島留学について発信してきます!引き続きよろしくお願いします!

ミライズ留学ブログはこちら!

ミライズ英会話

 

ミライズ英会話では一人ひとりに合わせたオーダーメイド型レッスンを提供しており、初心者から上級者まで幅広く対応しております。

英語を基礎から学びたい人はもちろん、仕事で英語を使う人や、旅行で英語を使いたい人など、生徒様のニーズに合わせてレッスンを提供しているため、たくさんのお客様からご満足頂いています。

またミライズ英会話では先生の質に特に力を入れています。
明るく気さくなフィリピン人の先生たちから、メリハリのある高品質なレッスンを受けて頂けます。

そしてなにより、先生全員が国際資格のTESOL(※)を持っており、質の高い英会話レッスンを受けることが出来ます。

※TESOL:英語を母国語としない人向けの国際的に認められている英語教授法

当校の講師は「3年以上の実務経験」があり、英語の専門講師のため、満足度の高いレッスンが行われています。

ミライズ英会話は、渋谷新宿西口新宿三丁目池袋銀座上野横浜八重洲開校しており、どの校舎も自由に通って頂くことができるので、ライフスタイルに合わせてレッスンに通って頂けます。

オシャレな空間で英会話レッスンを受けることができ、仕事帰りやショッピングの合間など、英会話が日常生活の中に溶け込んでいきます。
ミライズ英会話では無料体験レッスンを随時開催中!

通常レッスンと同じ50分のレッスンを受けて頂く事ができ、ミライズ英会話の雰囲気を味わって頂く事が出来ます。
みなさまのお越しをお待ちしております!

閉じる

ミライズ株式会社
呉宗樹
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目15-3 土屋ビル8F
03-4405-9391
info@meriseinc.com
https://merise.asia
インターネット(PC・スマートフォン)注文、来店注文
銀行振込(楽天銀行)、クレジットカード決済、Paypal決済
クレジットカード決済確認後即時、銀行振込着金確認後2営業日以内
入学金30,000円(税抜)、テキスト代5000円
当方からの確認メール送信後3営業日以内となります。
受講開始日から8日以内(土日祝を含む)に契約を取り消しを書面にて受け付けております。

無料見積

無料見積